BitTorrentの主なクライアントソフト

BitTorrentにはμTorrent以外にも様々なクライアントがあります。

日本でも特に有名なクライアントとしてBitComet(ビットコメット)がありますが、日本語対応でとても使いやすく、デザイン性が良いという点も人気の理由のひとつかもしれません。現在はμTorrentとBitCometが2分した人気を誇っている状況です。

数あるBitTorrentクライアントの中から利用者数の多いクライアントをいくつかご紹介します。

BitTorrentクライアント紹介

μTorrnet

当サイトでご紹介しているμTorrentの本家サイトです。軽量で使いやすく、設定もわかりやすく簡単。初心者から上級者まで幅広く使用されています。

BitTorrent

ブラム・コーエンとBitTorrent社によって開発されたオリジナルのBitTorrentクライアントです。

当初はシンプルでオーソドックスな作りでしたが、2006年12月にWindows用クライアントを開発していたμTorrentを買収した後、バージョン6以降はμTorrentをベースとして開発されています。そのため、見た目はほとんどμTorrentそっくりです。

BitComet

主に、極東アジアで人気の高く、使いやすさとデザイン性に優れたBitTorrentクライアントです。

BitCometは日本でも最も知名度のあるクライアントでもあり、公式サイトを含め多くの情報を日本語で得ることができます。その他の特徴として、「bc://bt/」で始まるBCリンクによって、DHTネットワークからTorrentファイルを入手することができるBitCometだけのオリジナル機能があります。

Vuze

Vuzeは元々「Azureus」という名称で、今でも人気のあるクライアントです。

Javaで実装されたBitTorrentクライアントで、特徴としては多彩な機能を付帯し、細かい設定が可能な他、HDビデオの検索、ダウンロード、再生が可能です。また、様々なプラグインがあるので、機能の拡張性にも優れています。ただ、Javaベースのため、人気のμTorrentやBitCometと比べると重たいです。

BitTornado

スーパーシードモードが搭載されたクライアントです。

TRANSMISSION

必要最小限の機能を備えた、シンプルで軽量なクライアントです。以前はMac向けの軽量型BitTorrentクライアントが少なかったこともあり、Macユーザーに愛用されています。

Deluge

軽量型のBitTorrentクライアント。RAMやCPUの使用率肥大化を抑えるために、Delugeのほとんどの機能はプラグインを追加することで利用可能になっています。

Flash Get

IEやFireFoxなどのインターネットブラウザと関連付けてファイルの分割ダウンロードが可能。通常のダウンロードも高速に。BitTorrentのダウンロードにも対応している便利なFTPダウンローダーです。

迅雷(Xunlei、Thunder)

中国広東省深セン市のIT企業迅雷網路が開発したBitTorrentクライアントです。

迅雷は、実はかなりのユーザー数がいると言われています。BitTorrentの他にも、ed2k/KADやFTPをサポートしていることから、BitTorrentクライアントというよりは統合ダウンロードマネージャといった色合いが強いかもしれません。

PR

ウイルス対策・セキュリティ強化

μTorrentの設定

μTorrentの使い方

その他の設定

ダウンロードができない場合

μTorrentのトリビア

ファイル共有(P2P)について