μTorrentでダウンロードするには

BitTorrentのダウンロードの流れは、まずはダウンロードしたいトレントファイルを見つけることから始まります。

P2PにはBitTorrentいがいにも、ShareやWinny、他にもいくつかの種類のP2Pがあります。一般的にはP2Pソフトの検索機能を使用し、ダウンロードしたいファイル名で検索をすることで、すぐにダウンロードを開始することができます。

しかし、BitTorrentは他のP2Pとは少々異なり、手に入れたいファイルはWeb上で探すのが一般的です。なんとなく他のP2Pと比べ煩わしい感じもしますが、信頼性の高いサイトに掲載されているトレントファイルは、偽物のファイルやウイルスが混入しているファイルの情報掲載や掲載自体の削除を行っていたりします。他にも、Web上で公開するということは、数多くのピアやシーダーが集まりやすくなり、ダウンロードの高速化、ダウンロード状態が良好になるといったメリットがあります。

※違法ファイルのダウンロード・アップロードには十分注意してください。また、信頼性の高いWebサイトに公開されているトレントファイルにもウイルスが混入されていることがあります。ダウンロードをする前には違法ダウンロード・アップロードファイル共有(P2P)の危険性もご覧ください。

トレントファイルを探す

まず最初にトレントファイルを掲載しているサイトを見つけます。

方法としては、欲しいファイルをGoogleで「ファイル名+torrent」で検索したり、2ちゃんねるのダウンロード板、PC関連の雑誌などで情報を集めます。トレントサイトのほとんどが海外のサイトですが、実際にトレントファイルをダウンロードできるサイトは数多く存在しますので、人気のあるトレントサイトはそれほど苦戦せずに見つかると思います。

そして、トレントファイルを扱っているサイトが決まったら、欲しいファイルを見つけてダウンロードしましょう。

トレントファイルをダウンロードする

下の画像は「isoHunt」というトラッカーサイトを一例にしてみました。サイト内で目的のファイルを検索し、トレントファイルをダウンロードします。

お目当てのトレントファイルをダウンロードします。

そしてダウンロードしたトレントファイルを実行するとμTorrentが起動します。内容に問題なければ「OK」をクリックします。また、「高度な設定」をクリックすると、ダウンロードやアップロードの速度制限などを設定することもできます。これは後から設定を変更することもできます。

「高度な設定」について

「高度な設定」では、トレントファイル個別にいくつかの設定をすることができます。ネット接続やPCへの不可を軽減したい場合は「最大上り速度」などや「最大下り速度」などを設定すると良いでしょう。

「トラッカー」の項目には、接続に必要ないくつかのトラッカーURLを記載します。通常はトレントファイルを作成した人がこのトラッカーURLを最初から記載しているので、あまり気にすることはありませんが、稀にトラッカーURLを記載していなかったり、記載しているトラッカーURLが機能してくれない場合があります。そのような場合はダウンロードができないことがありますので、こちらでトラッカーURLを書き込む必要があります。

詳しくはトラッカーを追加のページでも紹介していますので、そちらもご覧になってみてください。

「最大上り速度」では、実行したトレントファイルのアップロードの最大速度を設定することができます。アップロード速度はダウンロード速度にも影響しますので下げすぎないようにしましょう。「0」はアップロード速度が無制限であることを意味します。

PR

ウイルス対策・セキュリティ強化

μTorrentの設定

μTorrentの使い方

その他の設定

ダウンロードができない場合

μTorrentのトリビア

ファイル共有(P2P)について