IPアドレスを固定する

IPアドレスを固定しなくてもポート開放は可能ですが、一般的にパソコンのIPアドレスは「自動取得」に設定されているため、ルータ接続をしているパソコンやゲーム機などが複数ある場合は、IPアドレスの割り当てがそれぞれ変わってしまうことがあります。

たとえば、昨日は「192.168.11.4」だったのに、今日は何らかの理由で「192.168.11.5」になったとします。そうなると、一度設定したポート設定のIPアドレス「192.168.11.4」から新しいIPアドレス「192.168.11.5」に設定しなおす必要があります。UPnP対応ルータでμTorrentを使用する場合は問題ありませんが、他のP2PでUPnP未対応の場合などはやっかいです。

このように割り当てが変わってしまうと、せっかくポート変換をしたのに再度ポート解放の設定をやりなおさなければなりません。IPアドレスが変動するたびに毎回設定しなおすことになってしまわないようにポート解放は確実にしておきましょう。

コマンドプロンプトでIPアドレスを確認する

まずは、現在のIPアドレスを確認するために「スタートボタン」からプログラムメニュー一番下の検索窓にcmdと入力してEnterキーを押します。(画像はWindows7です。Vistaでは「ファイル名を指定して実行」を選択します。)

Windows8では、画面の一番左下にカーソルを持っていって右クリックするか、もしくは「すべてのアプリ」から「コマンドプロンプト」を実行することができます。

画像の赤枠部分にipconfigと入力してEnterキーを押し、四角赤枠部分を表示させます。ここでは「192.168.11.8」がLAN側IPアドレスになります。これでIPアドレスが確認できました。

実際にIPアドレスを固定する

実際にIPアドレスを固定します。「スタートパネル」から「コントロールパネル」を選択します。

コントロールパネルメニューの「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

画面左側の「アダプターの設定の変更メニュー」をクリックします。

接続しているアダプタ名を右クリックしてプロパティを選択します。

インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)をクリックして選択しプロパティボタンをクリックします。

先ほどコマンドプロンプトで調べた内容を入力します。優先DNSサーバーにはデフォルトゲートウェイと同じ内容を記入してください。そして最後にOKをクリックして完了です。

これでIPアドレスの固定は完了しました。

PR

ウイルス対策・セキュリティ強化

μTorrentの設定

μTorrentの使い方

その他の設定

ダウンロードができない場合

μTorrentのトリビア

ファイル共有(P2P)について