覚えておきたい基礎用語

ここではBitTorrentをするにあたっての簡単な用語だけを紹介しています。2ちゃんねるなどではもっと専門的な言葉も飛び交っていますが、とりあえず以下の用語を知っておく程度で問題ありません。最初はよくわからなくても、実際に使用しているうちに自然と理解できるようになっているはずです。

BT(ビーティー)
ビットトレント(BitTorrent)の略です。ビットのB、トレントのTの頭文字からこのように呼ばれています。
DL(ディーエル)
ダウンロードの略語です。
UL(ユーエル)
アップロードの略語です。
Peer(ピア)
P2Pとは「Peer to Peer」のことで、まだ未完成ファイルを所有しているダウンロード中の人のことを「ピア」と呼びます。ピアはダウンロードをしていますが、それと同時にアップロードもしています。このように未完成な人同士もファイルを共有していることになります。
Seeder(シーダー)
完成ファイルを所有していてファイルを配布する人のことをシーダーと呼びます。また、シーダーがアップロード支援をすることを「シードする」と言い、「種」とも呼ばれます。ピアのダウンロード中のファイルが100%完成の状態になると自動的シーダーとなります。このようにシーダーがより長くアップロードをすることで、継続してピア人口を増やすことができます。
スーパーシード(スーパーシードモード)
シーダーがまるで存在していないかのようにアップロードを行うシーダーのことです。作成日時の新しいレントファイルを実行し、ピアのほとんどがほぼ同じ%で横並びになっている状態であるにもかかわらず、時間とともにじわじわとダウンロードが進む場合は、初期シーダーがスーパーシードモードでアップロードしている可能性があります。
Tracker(トラッカー)
トレントファイルをBitTorrentユーザーと共有するにはトラッカーと呼ばれるサーバー情報が必要になります。トラッカーはトレントファイルを管理するサーバーのことで、通常はトレントファイルを作成する際に、このトラッカー情報をトレントファイルに追加します。また、トラッカーのことを「トラ」あるいは「虎」と呼ぶことがあります。
負担率・共有比
アップロード量とダウンロード量の比率です。BitCometでは負担率・μTorrentでは共有比と呼び、共有比1.0でダウンロードとアップロードの量が同じことを意味します。
健康度・可用性
BitCometでは健康度、μTorrentでは可用性と呼びます。ピア全員分のダウンロードしている未完成ファイルの断片を集めると完成する、だいたいのシーダー数です。シーダー1人を100%(1.0)とします。この共有比が1.0以下(100%以下)でシーダーが存在しないとすると、新たにシーダーもしくは残りの断片を持っているピアが出現しないと、理論上そのファイルは完成しないということになります。

PR

ウイルス対策・セキュリティ強化

μTorrentの設定

μTorrentの使い方

その他の設定

ダウンロードができない場合

μTorrentのトリビア

ファイル共有(P2P)について